読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いよいよ!!!

 

もう、出発日当日です。

早い。

 

 

この研修と共に僕の大学2年の夏休みも終わります。

早い。

 

 

昨日、夏休みを振り返ってました。

本当は昨日書こうと思っていたブログを、今から書きたいと思います。

 (多分、長くなります…笑)

 

 

 

f:id:hayathiii:20160831125904j:image

今日までの大学2年の夏休みは、オープンキャンパスのスタッフとしての活動がメインでした。

 

去年できなかったスタッフ。

2年越しの想いを、来場者に精一杯伝えました。

 

法政のオープンキャンパスには、特別な思い入れがあります。

まずはそこから…

 

実は、このキャリアデザイン学部を知ったのは、高校3年生の時のオープンキャンパスでした。

もともと、文学部心理学科にしか興味がなかった僕は、説明会と模擬授業の間の暇な時間に、外濠校舎をフラフラと歩いてました。

 そこで、"キャリアデザイン学部"というなんだか面白そうな学部を見つけ、キャリアの企画ブースへ足を踏み入れました。

フラフラ1周だけして部屋を出たのですが、「面白そうだなぁ。楽しそうだなぁ。」と思ったのを今でも覚えています。あの時が、僕とキャリアデザイン学部との出逢いでした。

 

あの時、外濠校舎をフラフラしていなかったら、

キャリアの企画ブースへ足を踏み入れてなかったら、

今、僕はここにいません。

これからみんなと会い、一緒にホーチミンへ行くこともなかったでしょう。

 

出逢いはどこに転がっているかわかりません。

ある意味、運命だと思ってます。

 

僕はあの時、すごく良い出逢いをしました。

今の学部の学びや生活に満足しているし、これからホーチミンに行くことができるのもすごく嬉しい。

 

大学生になって、キャリアへ入学することになり、

自分を導いてくれた人たちに会いたい。一緒にキャリアへ人を導きたい。

ずっとそー思ってました。

 

ようやっとなれたオープンキャンパスのスタッフ。

でも、部署は希望していたキャリアデザイン学部企画ではなく、キャンパスツアーでした。

 

話すことは苦手だし、そもそもキャンパスツアーに参加したことがない自分にとって、最初はあまり上手く気持ちが整理できなかったり、ツアーも上手くいかなかったりしました。

 

ツアーも練習していくにつれて面白くなり、

本番。

僕は、自分のツアーの中でキャリアデザイン学部の話を熱くしてしまっていました。

「1人でも多くの人に、キャリアデザイン学部と出会って欲しい。」

そう思っていたのだと思います。

 

キャリアデザイン学部に興味を持ちました!

隼人さんの後輩になれるように頑張ります!

来年、キャリアへ入学したら会いましょ!

 

こんな感想を高校生からもらったりして、すごく嬉しかった。

 

中でも。

ツアーの最初はキャリアのことを知らない・興味もないという子がいました。

その子がツアー後、キャリアの企画ブースへ入っていくのをたまたま見たのです。

これがすっごく嬉しかった。

自分の話でキャリアに興味を持ってくれ、もっと知りたい!と思ってくれたことが。

 

自分が来場者に伝えたかった

「法政の良さを知ってもらう。キャリアデザイン学部に出会ってもらう。」

このことが、本当に伝わっていたことを実感できた瞬間だった。

f:id:hayathiii:20160831133250j:imagef:id:hayathiii:20160831133310j:image

 

 

 

 

これから、そんな大好きな学部の授業で

2週間ホーチミンへ。

 

たくさんの出会いがあるんだろうな。

ベトナムという国に、文化に、日本との違いに、人の優しさに、ハプニングに、

 

自分の目で、耳で、鼻で、口で、手や足で、

感じたい。思いたい。考えたい。

 

こんな体験ができることを、幸せに思う。

キャリアに入って良かったなと改めて思ったりする。

 

自分の調査を大切にして

他の9人の調査も自分の糧にしたい。

 

小さなことでも気づきを大切にしたい。

 

そんな2週間にできたらな!!

と思ってます。

 

 

 

あまりにも長くなってしまった笑

 

 

とにかく、人生2回目の海外。

わくわく、どきどき。

盛大に楽しみましょ!!

 

無事に帰ってこれるといいなっ!